朝礼でのスピーチ

スピーチでは本の紹介をすると成功する

2020年10月18日

こんにちは!スピーチ講師の森川じゅいちです。

さて今回は、朝礼スピーチをしなくてはいけなくなった時は何を話そうか、その悩みを解決する方法です。

そんな時、あなたが読んだ本を紹介することはとても有効になります。

この記事では実際にどのようにスピーチに生かしたらいいかを紹介しています。

この記事で伝えたいこと

  • スピーチで読んだ本を紹介する時は、実物を手にして話そう
  • 「聞く読書・オーディオブック」という選択肢がある

スピーチでは自分が読んだ本の紹介する

スピーチの時、格好いいことを言わなくてはいけないと背伸びをしてしまうと、勝手に自分でハードルを上げてしまい、いざ何を話していいかわからなくなります。

それならば本屋に行ってベストセラーを買ってみんなに紹介しようか、と考えるのも選択肢の一つです。

おすすめの本を紹介することは、スピーチの構成上とてもわかりやすく相手に伝えることができます。

つまりは小学校の読書感想文の要領です。

さらにスピーチの際に、本の実物を手に持って紹介すれば、聞いてる人にも一目瞭然になり話の意図が伝わりやすいです。

ただし、そもそも日頃から読書が習慣になっている人であれば、以前読んだ本の中から選んで話すことは容易かもしれません。

しかしスピーチのためにこれから新たに読もうとなると、どの本を選んでいいかもわかりません。

またベストセラー本をチョイスしたはいいけれど、その本があなたの心に響いてスピーチネタにできるかどうかは別の話になります。

そして買ったはいいけれど、読みながら朝礼のことが気になっては、スピーチをやる前からあがってしまいます。

読書は有益な情報源ですが、いざイチから情報集めをしようとすると時間がかかって焦ってしまいます。

その点は気をつけたいところです。

ココがポイント

普段本を読まない人が、本をネタにする必要はない

スピーチでは聞く読書で本の紹介をする

多くのビジネスパーソンは忙しいのでゆっくりと読書をする時間が取れない!そんな人もいるでしょう。

最近その効果が注目されている「オーディオブック」って知っていますか?

これは読書を楽しむだけでなく、聴覚を利用した「聞く読書」といわれています。

さらにはリスニングやリーディングといった言語能力を高めるのに役立のだとか。

しかも忙しくて時間が取れない人でも、通勤時間など隙間時間を利用して読書をすることができます。

このサービスは定額制で聞き放題が一般的。

今回は以下の2つの代表的なサービスを紹介しておきます。

  • 朗読された本を耳で聞くサービス「audiobook.jp」こちら
  • Amazonの聞く読書「audible」こちら

活字が苦手な人でも読書が楽しめます。

しかもプロの声優さんが朗読しているので臨場感があり楽しみながら聞けるんです。

2か月間の無料体験もできるのでぜひ一度聞き流してみることをおススメします。

作業や家事をしながら耳で学習している人が急増中なんです。

まとめ

読書をすることはあなたの知識を増やしたり自己啓発をするのに役立っています。

せっかく得た情報です。

スピーチの際にはネタとして利用してみましょう。

こんな本を読んでためになった!とスピーチすることで、マネをして読んでくれる人が必ず一人二人と出てきます。

これが「スピーチで人を動かす」ことにつながってきます。

ぜひスピーチで本の紹介をしてみてくださいね。


この記事を書いた人

 

 

 

 

 

モリー(森川じゅいち)

高校時代に独自の方法であがり症を克服。

上場企業の現職マーケティングマネージャーとして、プレゼン・プレス発表をする傍ら、話し方講師として悩める人たちをサポートしています。

聴衆2000人のスピーチ実績あり。

大阪で創業40年続く「上六話し方教室」谷口政明代表に師事。公認インストラクターとして活動しています。

4人家族+甲斐犬。

スポーツをこよなく愛する53歳のおっさん。あがり症を克服しても、人見知りなのは直っていません。

このブログに対するご意見や要望についてコメントいただければ、「緊張した時に効く名言集」を無料プレゼントしています。

お気軽にご連絡ください。

 

 

スポンサーリンク

-朝礼でのスピーチ
-, ,

© 2022 スピーツblog Powered by AFFINGER5